• トップ

自家用車購入時の平均金額

自動車購入するときにかかるお金

自動車本体以外にもお金がかかる

自動車を購入するときには車のお金以外に諸経費もかかります。諸経費は具体的な内訳が大変わかりにくく、場合によっては総額30万円ぐらいかかることもあるので最初に内容をよく確認する必要があります。一番わかりやすいのは車本体にかかるお金です。希望小売価格に消費税がかかってきます。購入にかかるお金の中では一番高額になります。自動車本体価格はディーラーと交渉して値引きをすることもあります。競合車などと相見積もりを取って営業担当と交渉することで数十万円の値引きをしてくれることも多いです。値引きの代わりにオプションサービスをしたり、価格は据え置きでワンランク上のグレードに出来たりします。そのため自分が納得がいくまで営業担当者と相談したほうがよいです。オプションは自動車に色々な付属品をつけることでグレードアップが出来ます。本体が安くてもオプションを色々つけると驚くほど高くなることもあります。オプションには2つの種類がありディーラーオプションだとアクセサリー代などは別の形状になり、工賃がかかることもあります。自動車を購入するときはほとんどの場合は分割払いです。この支払い方法だとローンの金利がかかります。毎月の返済のお金は安くなりますが総額だとかなりの高額になることもあります。返済期間が長いほど金利も増えるので計画をたててローンを組むと負担を減らせます。また、現金一括払いだと金利はかかりません。また、車は税金が色々かかります。消費税に取得税、自動車税と重量税です。

バックナンバー

自動車の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP