• トップ

若い人の薄毛の原因は

若い世代の薄毛は早めの対策が吉

薄毛対策は早い程治る余地あり

薄毛に悩むのは年齢を重ねた人と思いきや、最近では10~20代の若い世代でも悩んでいる人が増えています。いわゆる若ハゲの原因はいくつもありますが、まず多いのが遺伝です。例えば両親とも薄毛体質だとかなりの高い確率で遺伝することが分かっていますが、規則正しい生活を送っている人は髪の悩みがない人はたくさんいます。逆に遺伝の影響を受けない(両親とも髪はフサフサとしている)人でも若ハゲに悩んでいる人は生活習慣が乱れ気味という人が多いです。特に若い世代はついつい食べ過ぎてしまったり、夜更かしをする生活が続いても次の日には疲れが取れていますが、このような生活が体に悪い影響を与えてしまいます。なぜなら髪を成長させる栄養や酸素は血液を通して頭皮まで運ばれますが、生活習慣の乱れでドロドロになった血液の影響で頭皮が栄養不足になり薄毛が進行してしまいます。高い育毛剤を使うことも対策になりますが、まずは自分の薄毛の原因を見極め、改善していくことが大切です。年齢を重ねてからの薄毛は原因が分かっていても治りにくいのと比べ、若い世代では病気やケガをしても治りやすいのと同じで早く対策を始めればまた元のような黒い髪に戻せる可能性は十分にあります。できるだけ早く生活習慣を見直すことが重要です。

薄毛の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu